« 当世南無阿弥陀仏事情 | トップページ | ダーウィンが来た! »

2007年5月25日 (金)

今度は左腕…

 年末の顔の怪我がなんとか治ったあたりから、なんだか左手の指がしびれてきた。最初は指だけだったのに、だんだんと手から腕へと広がって、5月の連休あたりからついに左腕全体がいつもしびれているようになった。
 ギターはどうも思うように弾けない。キーボードは腕の構えが違うらしく、もっと痛くて弾けない。公私を問わずパソコンのキーはやたら打ち間違える。まともな文章が修正なしには打てない。これはいかん。
 大きな病院でレントゲンやらMRIやらで診てもらったら、どうも首が怪しく、ヘルニア性の頚椎狭窄で左手に行く神経が首の骨の間で圧迫されているところがあるとのこと。ううむ。
 仕事の姿勢が悪い人にが多い、と言われると…。確かにパソコンを使う時間は多いし、どう見てもきちんとした姿勢で使っているとは言えないし、電車の中ではいつもがっくりと首を落として眠っているし、バンドではずっと専業ギタリスト(つまり、前を向いて歌うことがない)なのでほとんどいつも下を向いて弾いているし、キーボードに至っては(立ち座りに関わらず)弾く時の姿勢・位置取りなんて自己流で正しいはずがないし、いちいち思い当たる節ばかり。どうも首の骨にかかる負担が多い、というのが現実らしい。おおお。
 しばらくは週2、3回のリハビリが必要ということで、これは大変に困った事態。現実の仕事に支障がある。なんということだ。しかし、処置室のベッドの上でずっと点滴のバッグを見上げていて思った。自分には予想もしていなかった経緯だが、これはこれでもうしょうがない、今日を起点にこれから出来るだけのことをしよう。ここはイモラだ、あの日セナはもっと首が痛かったに違いない、と思って今日のところはおしまい。

« 当世南無阿弥陀仏事情 | トップページ | ダーウィンが来た! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今度は左腕…:

« 当世南無阿弥陀仏事情 | トップページ | ダーウィンが来た! »