« ダーウィンが来た! | トップページ | モビー・ディック »

2007年11月11日 (日)

ほんの僅かな違いだけど

 ストラトキャスターとレスポールでは弦長が違う。ストラトは25.5インチ、レスポールは24.75インチ。この僅かな2センチ足らずの違いが、同じ008ウルトラライトを張ってもキツさの違いになる。
 しばらくストラトだけ弾いていたが、このまえチョーキングで3弦をぶっち切ってしまい、予備弦の買い置きがなかったので久々にレスポールを出してみた。
 チューニングメーターのおかげで簡単にセットアップできる時代になったが、弾いてみるとやっぱり違う。同じフレーズでチョーキングした時などは薬指を少し多めに上げないと音が上がり切らない。考えてみれば当たり前だが、感覚的に改めて納得。その代わり、このユルさが低音弦のドヨーンというジミーペイジ・サウンドに一役買っているのだろうと思う。
 …というのを、xfyブログエディタで書いてみた。これがそのまま登録できるようだ。便利になったものだ。

« ダーウィンが来た! | トップページ | モビー・ディック »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ほんの僅かな違いだけど:

« ダーウィンが来た! | トップページ | モビー・ディック »