« 千鳥橋渋滞 GOOD-BY,MY GOOD DAYS | トップページ | その場で借りた楽器はなぜ挽き肉か »

2009年10月24日 (土)

ひとりぼっちのあいつのコーラス

 ひとりぼっちのあいつによるコーラスではない。「ひとりぼっちのあいつ」(NOWHERE MAN)の、素晴らしいコーラスのことだ。
 ビートルズで好きな曲を10曲、というのは古今東西よくある話題で十人十色、かなり難しい選択になると思うが、個人的には間違いなく入るのがこれ。

 楽器のイントロ無しでいきなり始まるコーラス、それもまるでちゃんと和声理論を勉強したかのような見事な三重唱。ほんとにこんなことが出来るなんて、うらやましい。
 ところが曲としては全然難しい作りではない。典型的なスリーコードにちょっとおまけが付いている程度。それでこんな曲ができるのだからまったく信じられない。ジョンにはもっとたくさん曲を作ってほしかった。

 丁寧にコードを分解して低い方に弾き降ろしてくるジョージのギターソロは「微笑ましい」という感じすらする。最後に6弦開放Eから1弦12フレットのハーモニクスで4オクターブ上のEを出して締めるところなんか、ギタリストにはたまらない発想。

 歌詞がまた素晴らしい。「本当にひとりぼっちのあいつ/自分だけの場所に座って/誰のためでもないことを考えて」「これといった見通しもなく/どこへ行くかもわからずに/まるでぼくらみたいだ」「でも聞いてくれ/気が付かないかい/世界はきみを待っている」… 歌詞を書いたのもジョンだけど、今思えばこれはまるで沌珍館企画のテーマソングみたいだ。

« 千鳥橋渋滞 GOOD-BY,MY GOOD DAYS | トップページ | その場で借りた楽器はなぜ挽き肉か »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひとりぼっちのあいつのコーラス:

« 千鳥橋渋滞 GOOD-BY,MY GOOD DAYS | トップページ | その場で借りた楽器はなぜ挽き肉か »