« オーケストラで迫る「タルカス」 | トップページ | ロイヤル・アルバート・ホール、1968年11月26日 »

2010年8月29日 (日)

雨を見たことがあるかい?

 クリーデンス・クリアウォーター・リバイバルの6枚目「ペンデュラム」の中のヒット曲。シャウター・ジョン・フォガティの歌う Have you ever seen the rain? は、中学校の英語の例文そのまま。
 しかし、この「雨を見たかい?」という東芝EMIの邦題は如何なものか。作詞作曲のジョン・フォガティは「雨を見た」という過去の一時点を聞いているのではなく、「自分は雨を見たことがある」という、言わば過去に起きたことによるその後の現在の状況を聞いているという意味で、まさしく英語の現在完了形そのものである。
 よく聞けば、或いはよく読めばわかる。「誰かが昔言ってた/嵐の前は静かになる/たまにはそうなるもんさ」「そのあと話になる/晴れた日でも/滝のように雨は降るよ」「知りたいんだ/雨を見たことがあるかい?/晴れた日に降ってくるのを」
 もちろん、ただ天気の話をしているわけではない。晴れた日が何で、雨が何かはわからないが。CCRにしては珍しく重いピアノ・フレーズで締められているのも、それなりである。

« オーケストラで迫る「タルカス」 | トップページ | ロイヤル・アルバート・ホール、1968年11月26日 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨を見たことがあるかい?:

« オーケストラで迫る「タルカス」 | トップページ | ロイヤル・アルバート・ホール、1968年11月26日 »