« トヨタ・アクアCMにブロンディのハート・オブ・グラス | トップページ | 成毛滋のメリー・ジェーン »

2012年10月14日 (日)

ストラトキャスターのブリッジを換装

2弦12Bをグイーンと15D相当までチョーキングした所で、アーニーボール011がブチっと切れた。あ~あ。弦が切れた瞬間というのは、本当にがっくりくる。昔はよく「不吉な前ぶれでは…」とか思ったが、どうやら経験的には弦が切れたからと言ってそれほどの事も起こらず、ただ気分的に落ち込むだけだ。

しかし、1本だけ張り替えるというのは、これも何度かやったが、あまり良い結果にはならない。その1本の音だけがキラキラして、どうにもまとまらなくなる。結局は1本切れたときが諦め時で、6本全部張り替える。

となると、これも前から気になっていたが、ブリッジ周りが長年の手汗でかなり錆びている。特に低音弦のマウントあたりはボロボロだ。こういう状態でも切れやすくなっているのではないか。思い切って、ブリッジパーツを交換してみよう。

ということで、本当に思い切って、フェンダー・ストラトのブリッジを交換してみた。詳細はこちら。
http://www.tonchinkan.biz/article/eventures.html#update201210

換装は無事完了、状態も良好だ。よかった、よかった。

« トヨタ・アクアCMにブロンディのハート・オブ・グラス | トップページ | 成毛滋のメリー・ジェーン »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585865/55886027

この記事へのトラックバック一覧です: ストラトキャスターのブリッジを換装:

« トヨタ・アクアCMにブロンディのハート・オブ・グラス | トップページ | 成毛滋のメリー・ジェーン »