« 品質神秘 | トップページ | ご飯千箱 »

2004年10月24日 (日)

黒地に白く

1988年には開幕戦だったブラジルGP。スタート寸前にポールシターのアイルトン・セナがギア・ボックスのリンケージ・トラブルで両手を上げ、シグナルは停止。セナは結局スペアカーでピットロードからスタートしたが、最後尾からのあざやかな追い上げで次々に順位を上げ、遂にアラン・プロストに次ぐ2位まで復帰。ところが31周め、黒旗を振られ自分のカーナンバー12を白く大書きした黒板を示されてしまう。フォーメーション・ラップ後のマシン乗換えはレギュレーション違反で失格、マクラーレン・ピットのミスだった。ということで、黒地に白く(くろじにしろく)。

« 品質神秘 | トップページ | ご飯千箱 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585865/54362833

この記事へのトラックバック一覧です: 黒地に白く:

« 品質神秘 | トップページ | ご飯千箱 »