« 柿取る時か | トップページ | もっと、ひとつも »

2010年3月28日 (日)

沈殿電池

携帯電話から電気自動車に至るまで、燃料電池の可能性が期待を集めて久しい。このほど沌珍館電工が開発したエーテル・タキオン電池は、古典力学における光波媒体としてのエーテルに、次世代の超光速粒子タキオンを溶融させ、質量と等価交換することでエネルギーを得るまったく新しい仕組みの電池である。残念ながらタキオンの寿命は無限分の1秒と短く、現時点ではエーテル容器の底にすぐ沈殿してしまうのが難点だが、実用化までには改善される見込みである。ということで、沈殿電池(ちんでんでんち)。

« 柿取る時か | トップページ | もっと、ひとつも »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585865/54362968

この記事へのトラックバック一覧です: 沈殿電池:

« 柿取る時か | トップページ | もっと、ひとつも »